Home » 頭皮の健康と髪 » 頭皮環境の悪化が招く脱毛症の具体例とその対策

頭皮環境の悪化が招く脱毛症の具体例とその対策

女性にとってあまり関係がないと思われてきた薄毛や脱毛症ですが、

実はあまり表に出ないだけでかなりの人が悩んでいるようなのです。

男性はホルモンの影響や体質、遺伝などでおじさんなるとハゲるイメージがありますが、

女性にとってそれはちょっと想像できない事かもしれません。

女性も年齢とともに髪が抜けやすくなり、薄くなることはあっても男性のようにおでこが広くなったり、

М字ハゲや横だけ残ったハゲの人は見かけませんよね!

でも、頭皮環境が悪化することによって女性でも脱毛症は起こり得るので、

気を付けなくてはなりません。

具体的には様々な原因で頭皮の血行が悪くなることによって、

毛根まで十分な栄養が行きわたらなくなり、

植物が根っこから栄養を貰えなくなるのと同じように、

髪も育たなくなりやがて抜けおちてしまいます。

この原因となるのは、年齢的なホルモンバランスの乱れや無理なダイエット、

食生活の乱れやストレスだと言われていて、

女性の場合はつむじ付近や分け目の脱毛が目立つ事が多いようです。

また、若い人の無理なダイエットによる脱毛症の場合は全体的に髪がスカスカした印象になり、

一目で栄養が十分足りていないのだと分かるります。

自分が食べたものが肉となり血となるだけではなく、

体のすべての細胞の源になると言うことを理解したら、

痩せたいから食べない!という発想にはならないはずです。

一度脱毛症になってしまうと、数日で簡単に治ると言うことはなく、

精神的にも追いつめられることになります。

それがまた脱毛を加速させ悪循環になりかねないので、

若いからと言って無理をしたり、痩せたい願望から間違えたダイエット方法を続けることがないように、

きちんとした知識を身に付け、健康な心と体を手に入れることが、

頭皮環境を整えきれいな髪を保つことにつながるのではないでしょうか・・・